2015.10.29 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.09.26 Thursday

    建設業許可申請で500万円の残高証明が取れない場合

    0
      建設業許可の要件として一般建設業の場合
      ア 自己資本の額が500万円以上あること。
      イ 500万円以上の資金調達能力を有する事。
      ウ 申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業していた実績を有する事。
      のいずれかに該当しなければなりません。
      ウは更新の時の話で新規の場合はア、イのいずれかに該当しなければなりません。
      具体的には直近の貸借対照表で自己資金が500万無い時は500万円の残高証明(申請日より1月以内発行のもの)もしくは500万円以上の融資可能証明を金融機関から出してもらう事になります。
      ですのでまとまって入金が入るタイミングで500万円あればいいわけです。(残高証明発行後に500万円無くてもいいのです)
      という事は残高証明発行のためだけに短期借入をしてもいいわけです。(親類などからかき集めてきて、残高証明発行後に返せばいいわけです)
      これでもイに該当するのです。
      それが難しい場合は融資可能証明を金融機関に発行してもらうのですがこちらはなかなか出してくれないようです。
      いわゆる見せ金も用意できない状況なのにそんな証明出せませんというのが金融機関の本音ですね。
      先日も申請者が依頼したところ、
      「証明は出せないけど親族名義でご融資しますので、それで残高証明発行しますよ」といわれたそうです。

      石川県 建設業許可 新規 更新 決算変更 金沢 小松 白山 野々市 今村和宏行政書士事務所
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
      にほんブログ村
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      ブログ村
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM